交際クラブLAB

デートクラブで足りない部分を補う

2016年11月01日 17時29分

わたしは結婚して三年目の妻がいます。妻とはお見合いで結婚したことや、年が一回り以上離れている事もあり、私生活はお互いがあまり干渉しあわないようなルールが出来上がっています。妻も働いていますので、出張であったり、飲み会などで遅くなる事もあり、結婚というよりも同居と言った感じになってきています。

わたしは公務員ですので、出張や残業などはありません。そのため、空いている時間が出来てしまっていたのですが、そういった時間を有効に使いたかったのと、妻以外の女性の身体に触れたいと思い、思い切ってデートクラブに登録してみました。わたしが登録した都内でも有名なデートクラブには、常に沢山の女性が登録していますので、スタッフが複数の女性を提示してくれ選ぶ事ができます。わたしが選んだのは、妻のように20代の若い女性ではなく、わたしと同世代の30代の既婚女性です。化粧や服装も派手ではなく、とにかく清楚な女性で、清潔感もありながら、男性が好みそうなむっちりとした体形が魅力的な女子でした。

お互いに既婚者で、もちろん離婚したいとも思っていないという事もあり、完全に割り切った付き合いをしていました。お互いのパートナーが、毎月終りの頃になると忙しくなるという共通点もあった事もあり、その日に合わせて逢瀬を重ねていきました。最初はぎこちなかった関係も、いつからか前々からの知り合いのような関係になりました。大人の割り切った関係でしたが、二人の時には往年のパートナーのような気持ちになることができました。

現在でも彼女との関係は続いていて、身体だけでなく心も通じているような感じになっております。もちろん妻も大事に想っていますが、人生の中でも彼女が占める割合が日に日に大きくなっているのも事実です。既に人生においてなくてはならない存在になっている彼女と出会えたデートクラブを紹介してもらった友達には頭があがりません。本当に登録してよかったと思います。